WILD INVESTORS(ワイルドインベスターズ)は投資家を支援する活動です。
WILD INVESTORS 日本を投資大国にする!
 WILD INVESTORS TOP >> それを教えちゃマズイだろ! >> 中国市場から撤退せよ(第二次冷戦の構造) MAIL MAGAZINE | HOME
MAILMAGAZINE
〓メルマガ版〓
「それを教えちゃマズイだろ!」
投資家のプロがあなたの財産を守る重要な情報をご提供します。資産を増やすことに興味のある方はこちらにご登録下さい。
詳しくはこちら!

MENU
 
 
投資おたくリンク
国際

NO.011 【中国市場から撤退せよ(第二次冷戦の構造)】

米国vs中国の対立がはっきりしてきた。日本はその第二冷戦ともいうべき対立の最前線になっており、さまざまな工作活動が活発化するだろう。すでに武器を使わない戦争は始まっている。グズグズしていると謀略に巻き込まれたり、人質にされる可能性がある。もはや「ネズミ講」と化した中国市場からは、すみやかに撤退すること。
1.第二次冷戦は 米国 VS 中国
2.中国投資は、もはやネズミ講と同じ
3.中国は当然、日米の離間を狙ってくる
4.ヤバすぎる「東アジア共同体」
2005/01/16

【1.第二次冷戦は 米国 VS 中国】

最近の国際情勢を見ていると、日本を含む東アジアがきな臭くなってきましたね。

中国では数万人規模のデモや暴動が増えて、ついに知識人への弾圧を始めました。
日本は北朝鮮への経済制裁が、秒読み段階に入りました。
アメリカは軍隊編成を変えて、アジア有事に備えています。

日本のマスコミは他の事に目を向けさせたがっているようですが、このサイトを覗きに来るような投資マニアがそんなことでごまかされてはいけません。投資家として、また日本人として自分の人生に直接関わって来る東アジア情勢を的確に捉えておきましょう。

ここ数年で国際情勢は大きな転換をしましたので、そろそろ東アジアでも9.11テロに匹敵する象徴的な出来事が起こるはずです。もしかしたら今年2005年は、

■中国が
  ┗「第二文化大革命」または「軍事侵攻」
■朝鮮半島で
  ┗「第二次朝鮮戦争」または「保守派クーデター」
■日本に
  ┗「報復テロ」

など、ビッグイベントがあるかもしれません。
そうなっても慌てないように、本編をじっくり読んでおいてください。

日本のテレビは報道機関としての質がいまいちなので、自分で丹念に情報を集めて組み立てなくてはいけません。新聞はかなり注意して読んでいると大事なことを伝えてくれてますが、新聞社によってかなり伝え方が違います。敵国の宣伝機関と化しているテレビや新聞は、最初から誤った情報を流しているぐらいのつもりで見ることをおすすめします。

さて、次第にはっきりしてきた国際情勢ですが、簡単に言って「アメリカ VS 中国」という

第二次冷戦

の様相を呈しています。

「冷戦だって?中国が分裂してすぐ終わるんじゃないの?」というツッコミは、甘んじてお受けします。確かにアメリカとソ連が何十年も対立していたような持続性はあるのかという点で、「冷戦」という名前がふさわしいのかどうかわかりません。しかし「迫り来る第三次世界大戦」ではインチキ臭いし、単に「アメリカ VS 中国」では面白くないので、こう書いちゃいました。どうか見逃してください。

それはともかく、要するに今はアメリカの覇権を支える同盟国(日本・オーストラリア・イギリスなど)と、アメリカ一極支配に抵抗する国々が争っているのです。

アメリカと対立している主要国は、

1. 周辺国を軍事的に脅しながら影響力を拡大しようとする中国
2. 中国と伝統的に仲がよく、アメリカ・イギリスに何でも反対したがるフランス

です。
これに周辺国が加わって、大きく二つの陣営に分かれています。


ページトップへ

いくつか補足しましょう。

まずイスラムについては割愛させていただきました。
なぜならイスラムはアメリカの敵と考えられがちですが、親米の国もあります。また中国・ロシアはイスラムテロに手を焼いていますし、フランス・ドイツなどのEU諸国にしてもイスラム系移民との摩擦が激化しています。イスラムは反米の傾向が強いですが、だからといって中国・ロシア・フランスと親しいわけでもない、と。 まあアメリカの足を引っ張るために、イスラムテロリストを支援している国があるという説もありますが、これは憶測の域を出ません。

また、この図で最大のポイントは韓国です。
韓国はもともと西側(自由主義陣営)としてアメリカによって支援された国でしたが、いまや北朝鮮とツーカーになって日本と米国に「特別な配慮」を求めています。はっきり言って韓国のマスコミや国会は北朝鮮に乗っ取られたような状態なんですよ。アメリカなんかはそのあたりをはっきり認識していて、韓国から軍隊を撤退させようとしています。

しかし日本ではマスコミが韓流(=韓国ブーム)を煽っているせいもあって、韓国人が中国人に負けないぐらい日本を憎んでいることは知られていません。 韓国が北朝鮮と手を組んでいるのに、まだ韓国を友人だと思っている日本人はもっとも騙しやすいカモというわけです。まあ、日韓関係は中国以上にディープな話題なので、別の機会に詳しく述べたいと思います。

しかしはっきり認識しておかなければならないことは、韓国が北朝鮮サイドについたということで、これまで韓国に向けられていた共産主義国のスパイ工作、テロ活動、プロパガンダ、洗脳工作などの圧力のほとんどが日本に向けられるということです。さらに韓国からの工作も加わって、日本の国内を撹乱しに来るはずです。

日本の政治家・官僚・マスコミ人には、とても日本の国益を考えているとは思えない人々が大勢います。今後も彼らを使っていろんな工作を仕掛けてくるはずです。すでに北朝鮮の難民(+紛れ込ませた工作員)を日本で受け入れ、選挙権を与えようという動きが活発化しています。
武器を使わない戦争は、とっくに始まっているのです。


第二冷戦の最前線は「中国大陸vs台湾」、そして「日本vs朝鮮半島」

ページトップへ

【2.中国投資は、もはやネズミ講と同じ】

それと同時に、潜在的な敵国である中国大陸や朝鮮半島に行く人々は、自分がいつでも罠に嵌められる可能性があることを理解しなくてはなりません。たとえば、

1. 旅行したら身に覚えのない犯罪で身柄を拘束されるとか
2. おネエちゃんと楽しんでいるところを写真に撮られ、スパイ活動を強要されるとか
3. 中国での商売の邪魔をされたくなければ、あの日本人を黙らせろ」と脅されるとか

こういった古典的な手口は、すでに日本の政治家や財界人に使われているように見えますね。しかしこれからは一般人であっても、罠にはめられることを覚悟しなくてはなりません。相手はとにかく日本を屈服させるためにソフトターゲット(一般人や日本人所有の会社)などを攻めて来るでしょう。それがわかっていないと、人生をだいなしにされてしまいます。

「地上の楽園」という場所に行った人たちが、その後どうなったか知ってますか?
彼らはその国から出ることは許されないまま人質となり、日本に残った親戚は資金やその他の協力を強要されるようになりました。甘言に釣られてのこのこ敵国に出向くと、自分ばかりか他の人まで危険にさらすのです。

私は親しい人々には、「中国・韓国には行くな」と言っています。
「いや、それはできないよ。だってウチの社長は『これからは中国だ!』って叫んでるし、取引先だってもう工場を建てちゃったんだから。下請けは大企業の要求を断れないって」

うーん。そうですか・・・困りましたね。
欧米の大企業は中国から逃げる準備をしてますよ。いまさら進出しようとしている経営センスのない国は、日本と韓国ぐらいなものです。大企業はすぐに逃げられますし、ひとつやふたつ工場が奪われたぐらいで倒産することもないでしょう。しかし、中小企業はツライでしょうなあ。

2000年ごろまで中国への投資はまっとうなものだったと思いますが、今のような状況になるとネズミ講と変わりません。そのココロは、

最初に参加して早く撤退すれば儲かったかもしれないけど、
遅れて行ったらとんでもないババを掴まされる

中国のおえらいさんは、汚職でまとまったカネをつかんだらすぐ海外に逃げ出すってえのに、甘言に釣られて中国に工場建てるなんて自殺行為ですよ。同じ手口のサギに何度でも引っかかるようじゃあ、救いようがありませんわな。まあ経営者が暴走して会社が潰れても、尻拭いは別の人がやることになるのはひとつの法則ですけどね。

仮に私がいま、親しい人に中国投資について相談されたらこう答えます。

中国や韓国に投資するな。旅行もするな。
会社が進出を考えていたら、企画段階で抵抗しろ。
赴任の話があったら断れ。
どうしてもと強要されるなら会社をやめろ。
人生をだいなしにされたくなければ。

私の基本的なスタンスは、「先の読めない連中が大損こいたって知ったこっちゃない」というものです。自分が損をしたときもそう言って笑い飛ばしてますよ。こんなこと言ったってカネがもらえるわけじゃないですし、むしろ「親中国」「親韓国」の人々に狙われることになって私にメリットはありません。

しかし今回は日本の国益がからんでいますので、自分が危険な立場になることを承知で警報を出します。特に中国はヤバイです。倒れる寸前のネズミ講にそっくりです。

商社マンである私の友人が「No.008 中国はどこへ向かう」で指摘していましたが、最近では私も「中国の外貨準備って本当にまだあるのかなあ」と疑うようになりました。なぜなら外貨準備高の公表が、しだいに遅れるようになっているからです。IBMのPC部門を買収しただけでも外貨が流出するのに、さらに幹部たちに持ち逃げされて残ってないかもしれません。だから早く撤収しないと「ドルが残ってないアル!」と開き直られる可能性が高いです。殿(しんがり)は外務省や大手商社マンになどのプロに任せることにして、普通の人はさっさと撤退してください。

この期に及んで中国や韓国との連携を深めようとする人が社内にいたら、企画段階で抵抗してください。それがあなたのためにも、会社のためにも、日本のためにもなります。あなただけではない、多くの日本人の命がかかっています。

「せっかくの友好関係を邪魔するのか! この差別主義者!」
おや、何かわめいている人がいますね。

なにも日本人が憎くてしょうがない人々とつきあわなければならない義理はありませんよ。
台湾・東南アジア諸国・オーストラリアなどほかのご近所さんと仲良くしますからご心配なく。
それよりも憎んでいる国から援助を受けている人たちって、プライドあるんですか?

繰り返します。これ以上の関与は危険です!
すみやかに中国市場から撤退しましょう。
妙な争いに巻き込まれて、とんでもない目にあう可能性があります。

えっ?
中国は昔とちがう、商売の邪魔するなって?

いやしかし、海辺で大きな地震が来たら津波警報を出すのは当たり前でしょ。
ビーチに客が来なくなるから、それをやめろって言うんですか?
あなたはお客の命や財産よりも、自分の利益が大事なんですか。
マスコミや政府がやりそうにないから、私がしかたなくやってるんですよ。

あなたが財産のほとんどを人民元に替えて、日本国籍を捨てて中国に帰化したのであればまだ説得力はあります。そのまま馬賊にでもなってください。しかしこんな状況になってまで、「21世紀は中国の世紀」なんて無責任に煽られてもねえ。それほどすばらしい国なら、カネを横領して海外に持ち逃げした中国人幹部を説得して連れ戻してはいかがですか?

ページトップへ

【3.中国は当然、日米の離間を狙ってくる】

いまの中国は、日本の資金・技術を奪い取ってアジアの盟主の座を狙っています。日本は「アジアの盟主」であるつもりはありませんけど、「周回遅れの帝国主義」をまだやっている中国にとって、有色人種で唯一G7に認められている日本は目障りでしょうがないんですよ。

どうやら成功して認められている人を見ると、何とかそいつの足を引っ張って「俺がその地位を奪い取ってやる!」と考えるのが中国人の思考回路のようですな(項羽もそんなこと言ってましたよね)。「自分が努力して認められるようになる」という考えは、ゼロではないにしても主流派ではないようです。

そして敵同士を戦わせて、漁夫の利を得るのが中国流の戦い方です。
(ちなみにテロやリンチで社会をめちゃくちゃにして、ライバルを蹴落とすのも中国流)

〜1945年 第二次大戦終戦 日本とアメリカ(+国民党)を戦わせ、敵同士を疲弊させる
 
1949年 中華人民共和国建国 ソ連の支援を受けて国民党を追い出し、中国大陸を奪取!
 
1971年 常任理事国へ ソ連とアメリカの争いに乗じて、国連に参加。
台湾を追い出して、国連常任理事国の座を奪取!

うーむ、すごい。
まるでわらしべ長者です。

もともと山賊のような人々があの大陸を統一して、なおかつ戦勝国でもないのに国連の常任理事国(P5)の座におさまっているなんて、ちょっとしたイリュージョンですよ。終戦時にはまだ存在せず、サンフランシスコ講和条約に呼ばれもしなかった国が「戦勝国」を名乗って「抗日戦勝60周年」を祝うなんて、日本もこのツラの皮の厚さを見習わなくてはなりませんね。

まあ個人的にはこういった中国の知恵というやつは嫌いではなくて、中国文化ファンとして

「二虎競食の計」「夷を以って夷を制す」

という言葉ぐらいは知ってます。

当然ですけど敵とそのままぶつかるよりも、敵同士を戦わせて疲れさせ、勝ったほうだけを叩けばこちらの損害は少なくて済みます。正直言って中国の軍隊は実際の戦闘ではさほど強くなく、むしろ住民からの略奪が本業だったりしますので、こういった賢くも卑怯な戦略が発達したのでしょう。自分の弱点をカバーして強い相手に勝つためには、手段を選ぶわけにはいかないわけです(そういう意味では毛沢東は偉大だと思いますよ)。

彼らが得意とする戦い方は、他にもたくさんあります・・・

1. 自分で国民を殺しておいて、「日本軍にやられた!」と被害者のふりをしたり(国共内戦・大躍進・文革)
その被害者が、当時の人口を上回るほど増えてみたり。(南京)
「では、調査しましょう」と提案すると、「動かぬ証拠がある」と応じなかったり(南京)
2. 日本と戦ったわけでもなく、終戦時に国さえなかったくせに、「日本は戦争の謝罪も賠償もしていない」とわめいたり
3. 日中友好条約で「内政不干渉」「主権及び領土保全の相互尊重」「覇権を求めない」などと約束しておきながら、自分だけは平然と破ったり (条約は相手に守らせるもので、自分が守るものではない)
4. 沖縄が日本に返還されて、尖閣諸島で石油が見つかったとたん「我々の領土に日本が居座っている!」と言い出したり (自称戦勝国のくせに、どうして平和憲法を持つ敗戦国に占領されてるのか説明して欲しい)
5. アメリカの兵士を麻薬中毒にして送り返したり(ベトナム戦争:自国民だから足手まといになっても殺せない。治安が乱れ、戦う意思が殺がれる)
6. 怪しげな団体を使って、敵国の世論を誘導したり・・・
平和団体=「アメリカ軍は出て行け!」「自衛隊は人殺し!」とデモするけど、中国の侵略や民族浄化は見なかったことにする。
反核団体=アメリカやフランスが核実験すると「不買運動しろ!」と騒ぐくせに、中国の核実験や、韓国・北朝鮮の核開発疑惑は完全スルー。
人権団体=犯罪者の人権にはうるさいのに、被害者や一般市民の人権と安全を容赦なく踏みにじる。
7. 同盟国同士がケンカするように、お互いの悪口を吹き込んだり(日米離間)
8. 日本の治安が乱れるように、難民や犯罪者を送り込んだり(不法入国)
9. 友人のふりをして近づいて、カネや技術を盗んだり(日中友好)
10. 病気を持った女性を、風俗嬢として送り込んだり
(国連によると、2010年までに中国のAIDS患者は1000万人に達すると予測されている。自国の患者を減らして敵国の患者を増やせば、国力が相対的に強まる)

ページトップへ

まあこんなふうに、強い敵同士を戦わせたり、相手の国内が混乱するような工作をするわけですね。日本人やアメリカ人は単純ですから、この手にまんまとひっかかりやすいのです。特に日本はスパイ防止法がないせいか、外国のエージェントとおぼしき人々が政治家・官僚・マスコミ人として活躍しています。しかしこんなにたくさんの寄生虫から血を吸われながら潰れないんだから、日本はなかなか頑丈な国だと変なところで感心したりもします。

中国としてはアメリカと直接戦う気はありません。むしろアメリカを、イスラムや日本を戦わせて疲弊するのを待っていると考えたほうがよいでしょう。つまりお互いが疑心暗鬼になって憎しみ合うように仕向けるわけです。アメリカとイスラムが争って喜ぶのは、中国とロシア。アメリカと日本が争って喜ぶのも、中国とロシアです。

日米同盟は、特に中国にとって邪魔でしょうがありません。日本だけなら尖閣諸島や沖ノ鳥島を占領しても、おそらく軍事的な反撃はないでしょう。「話し合いで解決しましょう」と国際司法裁判所に訴えるのが関の山だと思います。韓国が竹島でやっているように勝手に居座って、訴えられても出頭せず、工作員を使ってマスコミで報道されないように圧力をかけて、何十年もすれば日本人は忘れてしまいますよ。日米安保がなければ、日本の島々はどんどん中国に奪われるでしょう(そのために「親中派」と呼ばれる人々を飼っているのですからね)。

またアメリカの台湾関係法には「2−5、防御的な性格の兵器を台湾に供給する」「2−6、台湾人民の安全または社会、経済の制度に危害を与えるいかなる武力行使または他の強制的な方式にも対抗しうる合衆国の能力を維持する」とありますので、中国が台湾を攻撃すればかなり高い確率でアメリカが介入してきます。すると日米という二大経済大国を同時に敵に回すことになり、絶望的な戦いとなります。だから第二次大戦のように日米が戦争してくれるか、少なくとも関係が冷え切っていないと、安心して台湾を武力攻撃できないのです。
(なぜアメリカの保守派が日本・沖縄・台湾を重視するかは地政学上の理由があります。これまたディープな話になりますので別の機会に)

だから中国としては、日本が世界の嫌われ者となり、アメリカとの仲が悪くなるようにさまざまな工作をします。
たとえば、南京大虐殺記念館を増強して世界遺産に登録しようとしたり、アメリカにも作ろうと企画したり、好き勝手に捏造してそれをあたかも事実のように広めようとするわけですな。これによって「日本人は残虐だ」「かつてアメリカ人と中国人は、ともに日本人に正義の鉄槌を下した」ということをアピールし、日本とアメリカの仲を裂こうとしているわけです。

※参考資料⇒南京大虐殺の館ふたたび

何の証拠もなく犠牲者をどんどん増やせるなんて、お気楽でいいですね。
日本で何かを主張するときは、みんなが納得する証拠を提出しなければなりませんから。

しかし油断していると、何も知らない人々は彼らのウソを信じてしまいます。日本もアメリカも「力はあるけどちょっと単純で利用されやすい」という弱点がありますから、第二次大戦の愚を繰り返さないためにも、彼らの宣伝を潰していかなくてはなりません。

日本を滅ぼすことができるのは、「騙されたアメリカ人」と「愚かな日本人」だけ

ページトップへ

【4.ヤバすぎる「東アジア共同体」】

本当は、中国はそこそこ力があってしかも嫌われ者であったほうが日本としても都合がいいんです。だって、

ひとりぐらい嫌われ者がいたほうが、クラス全体が団結する

じゃないですか。中国のようなヤバイ国があるから日本はアメリカを頼りにしますし、アメリカも日本をむげにはできません。台湾もASEANも日米を頼りにするという良好な関係が続けられます。日米共通の敵がいなくなってしまったら、一番困るのは日本ですよ。

中国は一見強国だが、実は弱い「張子の虎」。周辺国を侵略もできないし、資源価格を高騰させるほどの成長もしない――――これが日本にとって理想的な状態です。ときどき大規模な騒乱が起こって「人口調節」をしますので、距離を置いて巻き込まれないのがコツです。つまり中華思想に基づく冊封体制から離脱した聖徳太子や、「脱亜入欧」をとなえた福沢諭吉は正しかったと。

「中国・韓国と東アジア共同体を作れ!」なんて提唱している人もいますが、ヤバすぎます。
彼らの正体を知らない人か、それともかの国の工作員そのものでしょう。

日本にとってはカネや技術を盗まれ、理由も無く見下されて、いいがかりで謝罪と賠償を求められるのでしたら何のメリットもありません。武装スリ団やピッキング強盗なども、これまで以上に増えるでしょう。すでに日本に深く浸透している工作員だけでもやっかいだってえのに、内政を混乱させるための援軍を呼びこんでどうするんでしょうか。

「そんな! 誠意を尽くして信じていればいつかは友達になれるよ!」
はいはい。ではご自分の財産と労力で支援してあげてください。まちがっても日本国の税金や会社のカネを使わせないように。私も中国人や韓国人の友人がいますが、彼らとは個人ベースで仲良くやります。しかし反日国家の尻拭いはまっぴらです。

逆に「戦争してチャ○コロぶっ殺せ!」と言っている勇ましい人たちもいます。
しかし、それもどうですかねえ。
殺し合いは大陸の中でやってもらうことにして、日本人はもめごとに関わらないほうがいいと思いますよ。

大陸は「封じ込めて放置プレイ」が基本

まあ、私はやさしいですから、

1. 中国に与えている資金や技術を、みんな中国と対立している周辺国に移転してしまうとか
2. 中国人が1度犯罪をするたびに、1000人分の入国許可を取り消すとか(すぐ入国許可がゼロになって、100年分ぐらいマイナスになりそうだが(笑))
3. 世界中の掲示板(英語)で中国・韓国・北朝鮮のウソを暴いて回るスペシャルチームを作るとか
4. 中国の歴史教科書や映画を題材にして、「サギや洗脳に対抗する方法」なんて学校で教えるとか
5. 中国の大量虐殺・周辺国征服を再現したプロパガンダ映画を作って、韓流並にブームを煽るとか

・・・・・・なんて、やりませんよ。
日本が一方的にいいがかりをつけられていることへの自衛策として、やりたくなる人の気持ちもわかりますけどね。
ましてや、

1. 廃止した中国ODAで少数民族の独立をサポートしたり
2. 「また文革みたいになるぞ」という噂を流して知識人と金持ちを国外流出させたり(マジ)
3. 「あなたがた農民が死ぬほど苦しんいるおかげで、共産党幹部は豊かに生活できます。ありがとう、愚かな人たち。」なんてビラを農村にばら撒いてみたり
4. 「ライバルのXXがあなたを陥れようとしています」なんて政治家同士の対立を煽ったり
5. 「腐敗した幹部たちのせいで、祖国がおかしくなったのだ」と学生を焚きつけてみたり
6. 「『政権は銃口から産まれる』って毛沢東の名言ですよね」と地方軍閥の前でつぶやいてみたり

そこに偶然、手ごろな武器弾薬がそのまま使える状態で落ちていたりして・・・
・・・・・・なんてこと、するわけないじゃないですか!
私は日中友好論者なんですから。
さらに、

1. 「世界の中心でイスラム教徒を迫害している国がありますよ」とビン・ラディンさんに知らせるとか
2. 「プーチンさん。あいつら勝手にロシア沿海地方に住み着いて、シベリアを乗っ取る気でいるそうじゃないですか。ほんとうにむかつきますよね。 北方領土のことは後回しにして、一緒にあいつらを締め上げませんか?」と囁いてみるとか
3. 8月15日に小泉(日)、ブッシュ(米)、ブレア(英)、ハワード(豪)、ASEAN首脳が仲良く手をつないで靖国参拝するとか
――――そこで散歩に来ていた天皇陛下、ヨハネパウロ2世、エリザベス女王の3人と出会ってみんなビックリ。
さらに旅行中の李登輝さん、修行中のダライ・ラマ14世、通りすがりの石原慎太郎都知事も偶然はち合わせて大宴会に発展。
慌てて駆けつけるロシア・インド。
ウイグル族、モンゴル族、回族、苗族、満州族などの亡命政府も飛び入り参加してもう大変。
キルギスみたいに「あんた誰?」って聞かれても気にしない。
俺たちゃ共通の敵を持った仲間なのさ――――
4. 中国を内戦状態にしておき、「アジアの安定のためやむをえない」などと言いながら、代わりに日本が常任理事国(拒否権付き)の座に労せずして収まっちゃうとか
(くすくす。あんただってもともと台湾から盗んだんでしょ。悪銭身につかずってね)

そんなひどいことはしませんから安心してください。
私がやらないだけで、他の誰かが実行しないという保証はどこにもありませんが(笑)。

「やめてくれ」ってセリフなら、もう遅いよ!

・・・って、となりの温厚なおばあちゃんが言ってたかも。
聞きまちがえたのかなあ。

ページトップへ
copyright 2005 WILD INVESTORS all rights reserved.